RCヘリ

iSDT D2 200W 24A 2チャンネル出力 充電器 日本語マニュアル

<システム設定>

シャトルキーを長押しするとシステム設定メニューが表示されます。
設定項目は以下の通り。

バックライト
(Backlight)

画面の明るさ
 暗い (Low)
 中 (Middle)
 明るい (High)

音量
(Volume)

オフ (OFF)
低い (Low) …小さいの意
中 (Middle)
高い (High) …大きいの意

完了音
(Completion Tone)

シングル (Single)
リピート (Repeat)

分割画面表示
(Split Display)

手動 (Manual)
自動 (Automatic)

言語
(Language)

表示言語
 English,日本語,…

ファームウェア共有
(Firmware sharing)

OS情報
(System information)

自己診断テスト
(System self-checking)

戻る
(Back)

※音量をOFFに設定してもエラー警告音は鳴ります。

<タスク設定>

充電器を電源に接続し、システムの自己テストが終わるのを待ちます。
バッテリーを接続しシャトルキーを短押しまたは選択ボタンを長押しするとタスク設定メニューが表示されます。
設定項目は以下の通り。

モード選択
(Select task)

充電 (Chage)
放電 (Dischage)
保存 (Storage) …ストレージ

バッテリー
(Battery type)

バッテリーの種類
 LiHv, Lipo, LiIom,LiFe, pb, NiMH/Cd

バッテリー電圧
(Cell Voltage)

終了セル電圧微調整

セル
(Cell count)

セル数

電流選択
(Current setting)

電流値を選択

スタート
(Start task)

タスクスタート

戻る
(Back)

充電器の動作モードは直列充電です。したがって、充電中はバッテリーの出力ケーブルに接続する必要があります。(バランスケーブルのみでの充電は出来ません)
リチウム電池の場合、バランスケーブルを接続して、各セルの電圧を正確に監視し、不良セルとのバランスを取ることを強く推奨します。

  • ストレージ機能
    バッテリーの電圧がストレージ電圧より低い場合、ストレージ電圧まで充電します。ストレージ電圧より高い場合はストレージ電圧まで放電します。
    ストレージ後のバッテリーは正確にバランスされていないことがありますが、これは時間短縮のためであり、バッテリーに悪影響を及ぼすことはありません。
  • 過放電バッテリーの活性化・回復機能
    充電開始時にバッテリーが過放電状態であると判断されたときは、設定電流の1/10が印加されます。これにより過放電バッテリーの保護及び活性化・回復を行うことができます。
  • 内部抵抗測定機能
    この充電器はセルの内部抵抗を測定する機能を備えています。(バランスケーブル接続時のみ)
    充電が開始されてから2〜3分以内にセル電圧を測定して計算されます。バッテリーの内部抵抗は、異なる電気量の下で僅かに変化します。通常、測定された抵抗値は、電気量が大きいほど低くなります。
    充電電流は、充電器がバッテリの内部抵抗を測定するときに瞬時に調整する必要があります。したがって、充電中に電流が急激に変化するのは正常な現象です。
    内部抵抗測定の方法は様々であるため、専門の内部抵抗テスタのように絶対値を測定することはできません。したがって、内部抵抗値は、セルの性能の一貫性を判断する、または異なるセルの性能を比較するなど、相対比較を行う場合にのみ参考にしてください。
    充電電流は、内部抵抗を測定するための重要な要素です。内部抵抗を正確に測定するためには、大容量で内部抵抗が小さい電池ほど、大きな充電電流が必要です。
  • 充電完了
    充電中は、画面にはオレンジ色のマーキングが表示され、充電が完了すると緑色または青色に変わります。 充電が完了し、セルの電圧差が0.02Vより小さくなると、画面のマーキングは緑色に変わります。バッテリーを早く使いたい時は、ここで中止しても構いません。
    電圧差が0.01Vより小さくなると画面のマーキングは青色に変わり、その後もさらに、バッテリーの正確なバランスを実行します。
    セルの一貫性が優れている場合、充電が完了すると画面のマーキングは緑色をとばして青色になるはずです。 充電完了後、電圧低下が発生するのは正常です。充電回数が増えると、性能が低下し、電圧低下現象が顕著になります。また、より大きな電流でバッテリーを充電するほど、充電完了後の電圧低下が大きくなります。 注:屋外で急いでバッテリーを充電するときは、マーキングが緑色に変わったら充電を終了しても構いません。十分な時間があり、セルのバランスがとれていると思われる場合は、画面のマーキングが青色に変わったときに(あるいは、より正確なバランスを得るために少し待ってから)充電を中止してください。
  • 両チャンネル同時に充電開始
    同じ種類で同じセル数のバッテリーを各チャンネルにそれぞれ接続し、充電の設定を完了せさて、両方の選択ボタンを同時に押してタスクを開始させると、両方のチャンネルは同じ設定値で動作し、総電力から各チャンネルに50:50で割り当てられます。
  • 配電
    単一チャンネルでの充電は200Wに達することができます。
    両チャンネル同時に充電を開始すると、それぞれ100Wが得られます。
    各チャンネル別々に充電を開始した場合、後から開始したチャンネルは最大150W使用でき、150W未満しか使ってなければ残りの電力は自動的に他のチャンネルに入ります。「両チャンネルとも充電中」の間、そのチャンネルには最大150Wが優先的に与えられ、タスクが150W未満しか必要としない場合、残りの電力は自動的に他のチャンネルに入ります

<操作メモ>

  1. タスク実行中、選択ボタン短押しで充放電電流を調整することができます。
  2. 選択ボタンを長押しすると、実行中のタスクを停止させます。(又は対応するチャンネルのタスク設定メニューに入ります。)
  3. 同じ種類で同じセル数のバッテリーをそれぞれ接続し、充電の設定を完了させて、両方の選択ボタンを同時に押すと、両方のチャネルは同じ設定値で動作し、総電力から50:50が割り当てられます。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です